創造性を創出する組織の仕事環境                           竹腰重徳 

 「創造性を創出する」とは、役に立つ創造的なアイデアを創り出す活動である。イノベーションは、創出された役に立つ創造的なアイデアを、ビジネスとして成功裡に製品やサービスに実現する活動で、組織競争力の源泉である。役に立つ創造的なアイデアは、イノベーションのベースになるものであり、そのようなアイデアを容易に創出できるような仕事環境をいかに構築できるかが、厳しい競争に打ち勝つための重要なポイントとなる。
 創造性と組織の仕事環境の関係を長年研究し,この分野で著名なハーバードビジネススクール教授のTeresa Amabileは、個人/チームの創造性に必要な要素と組織に必要な要素は、以下に述べるような要素が不可欠であり、組織はこれらを実現する仕事環境を作ることが重要であると述べている(1)。創造性やイノベーションを活発にする組織を実現していくうえで、参考になると思われる。

・個人/チームに必要な3つの要素
 ①専門知識
  個人が創造性を発揮しようとしている分野の知識とスキル
 ②創造的に思考するスキル
  問題を新しい視点で見る技術、難しい問題に対処し辛抱強く取り組む技術、リスクを取る
 ③内発的モチベーション
  仕事が面白い、自分で決められる、挑戦的な仕事である、フィードバックがある
・組織に必要な3つの要素
 ①マネジメントプラクティス
 -自由
    仕事をいかに進めるかを個人やチームが自由に決定できるにする
 -挑戦的な仕事
    重要で挑戦的な仕事を任す
 -マネジメントの励まし
    管理者は適切な目標をセットし、価値観を共有し、チームをサポートする
 -ワークグループサポート
    良いコミュニケーション、活発な新しいアイデア創出、建設的な挑戦、助け合いを促進する
 -避けたいマネジメントプラクティス
    マネジメントの細かすぎるコントロール、水平的なコミュニケーション不足、過剰な時間のプレッシャー
 ②組織のモチベーション
 -創造性の促進
    アイデアの公正的かつ建設的判断、報奨と表彰、新しいアイデアを開発する方法、共通のビジョン
 -創造性に対する組織的抵抗が少ない
    内部の政治的問題、新しいアイデアに対する厳しい批判、破壊的な内部競争、リスク回避、現状維持の強調
 ③資源
 -十分な資源
    人々、資金、設備、情報
 -現実的なワークロード
    過労働でない
 -圧迫感を取り除く
    圧力、生産性への過度の期待、創造性への邪魔

参考資料
(1)Teresa Amabile&Center for Creative Leadership,KEYS@ to Creativity and Innovation User’s Guide,Center for Creative Leadership,2010

                         HOMEへ